みんないいのだ!社会をいま、ここから。

1 子供を安心して産み育てられるまち

・保育サービス利用児童数 7万人増【2016年度から4年間】
・待機児童の解消【2019年度末までに】

2 すべての子供たちの可能性を広げる

・授業を理解できていないと思う高校生 21%(2011年) → 15%未満(2021年度)
・子供の貧困対策を進める

3 高齢者が安心して暮らせる社会

・特別養護老人ホーム 定員6万人分【2025年度末】
・認知症高齢者グループホーム 定員2万人分【2025年度末】

4 医療の充実、健康づくりの推進

・地域の在宅療養支援体制 全区市町村【2025年度末】
・在宅医療支援機能の充実 全ての中小病院【2025年度末】

5 いのちの政治を進める

・「生きる支援」 自殺対策を進める がん対策を進める
・「いのちの授業」を全ての子供たちに

6 世界に冠たる観光都市・東京の実現

・訪諸外国人旅行者数 2,500万人【2020年】
・訪都外国人旅行者による消費額 2.7兆円【2020年】

7 多摩・島しょの振興

・交通インフラの整備 国道20号バイパスの延伸
・土砂災害、治水などの防災対策

8 東京2020五輪の成功に向けた取り組み

・障害者スポーツの振興、バリアフリー化
・多言語対応、ボランティア活動の推進

プロフィール

菅原直志さんを応援します。

菅原直志さんは、日野市議会23年の試行錯誤によって、
政策提案型から実現型の議員に生まれ変わりました。
政策を実現するために必要なこと、それは「調整力」です。つなぐ力、紡ぐ力です。
がん対策、被害者支援、こどもの貧困や
自殺対策の条例づくりを通じて、菅原直志さんは多様な市民の意見をつなぎ、
議会と行政にをつなぎ、カタチにする力を身につけました。
このつなぐ力を今度は都議会へ。
皆さん、ぜひ菅原直志さんをご支援ください。

衆議院議員 長島 昭久

菅原直志さんは、抜群の弁舌の切れ味・
物事の本質をとらえわかりやすく表現する力・
確かな実行力を発揮して、誰も見捨てない「命の政治」を追及してきました。
市議会議員6期という充分すぎる実績をジャンプ台にして
大きく飛躍する時期がいよいよやって来ました。
菅原さんには、都議会で、都政で、新しい風を巻き起こし、
都政の見える化を推進し、市政・都政の連携による「命の政治」の
さらなる発展を実現することを期待します。

日野市長 大坪 冬彦

お問い合わせ

菅原直志後援会 〒191-0024 東京都日野市万願寺1-17-10
TEL & FAX: 042-587-5808